イベント情報

原100祭  2019年3月27日(水)~4月15日(月)

原信太郎生誕100年企画「原100祭」

 原信太郎が生まれて、2019年4月4日、100年を迎えます。
原信太郎の類まれな才能と生き方は、原鉄道模型博物館の礎石であり、同時に今日に生きる私達と、これからの未来を担う若者達にとって大いなる指針でもあります。
 原信太郎氏への感謝、100歳の祝祭、そしてこれからの時代への架け橋として本プロジェクトを実施いたします。

【営業時間のお知らせ】
4月4日(木)は、プレス・関係者向けレセプション開催のため、一般営業は10:00~13:00(最終入館12:30)となります。
予めご了承ください。

秘蔵模型公開

 本物と同じ走りを追求した大型模型の中には、通常公開されていないものが数多くあります。
 総数約1,000点のすべてを公開するのは難しいのですが、 できるだけたくさん公開します。

原信太郎アルバム

 原信太郎の95年の人生を追いかけるアルバムを壁面に展示します。
本博で公開しているフォトライブラリーは、原信太郎が撮影したもので、本人はほとんど写っていません。今回のアルバム展示により、今まであまり公開できなかった原信太郎の実像を皆様にお届けします。

祝祭空間の演出

 エントランスには、鉄道模型が展示された巨大なバースデーケーキのオブジェが登場します。
 また館内各所には祝祭のフラッグを掲出し、祝祭の時を演出します。

展示以外の取り組み

来館者のプレゼント

 「原100祭」期間中、ご来館頂いたお客様に感謝を込めて各日先着100名様にプレゼントをお渡しします。

・ムック本「あの駅に着いたら・・・ 終着駅のない原信太郎という旅」(中野順哉著) ・・各日先着10名様
・原鉄道模型博物館オリジナルポストカード ・・各日先着90名様

ムック本「あの駅に着いたら・・・ 終着駅のない原信太郎という旅」(中野順哉著)

▲ムック本

原鉄道模型博物館オリジナルポストカード

▲ポストカード(一例)
ポストカードの種類は選べません。

※プレゼント内容は、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

「原信太郎大賞」「横浜市長賞」設定を発表  4月4日(木)17:00~

 下記の三部門について、一般から募集します。募集要項は4月4日に発表しますが、応募締め切りは2019年12月末です。
 1年後の2020年4月4日に、授賞者を発表します。各賞の副賞総額は100万円です。

●「原信太郎大賞」
 原信太郎は、鉄道技術を再現する模型を製作し、約1,000両のOゲージ及び一番ゲージの模型を製作しました。今も自らの創造力と技術力を磨くモデラーや若者達から、Oゲージもしくは一番ゲージの鉄道模型を募集します。

●「横浜市長賞(※)

【論文の部】
 原信太郎は、鉄道技術を再現する模型を製作するために、外国語を学び海外の鉄道技術を学ぶ中で、第二次世界大戦へ向かう時代にあって、国境のない平和な世界を望みました。鉄道は世界をつなぎ、技術は世界を一つにするという氏の理念は、現在も私達の心を打つものです。この理念を生涯貫いた原信太郎氏論をテーマとし、現代の若者達の論文を募集します。対象は、中学生・高校生・大学生です。

【手紙の部】
 原信太郎は、幼少期から鉄道を愛し、世界の鉄道を学び、模型にしました。
そして幾つになっても鉄道は楽しく、面白いものだとワクワクし続けていました。そうした原信太郎に宛てて書いた手紙を募集します。対象は、小学生以下です。

※「横浜市長賞」については、現在申請中です。